Archive for the ‘コラム記事’ Category

留学中に学校を変えることはできるの!?

2015-12-08

学校変更はできるの?

留学相談の際に「留学中の学校変更が可能なのかどうか?」という質問がよく頂きます。

「他の学校でも授業を受けてみたい!!」
「はじめはスパルタ学校で、英語に慣れたらセミスパルタ学校に移動したい!」などなど

さまざまなご要望があります。

ということで、今回は現地での学校変更についてご説明していきます。

〇 2つの変更方法

留学中の学校変更には、2通りのパターンがあります。それでは、下記をご覧ください。

例1) A校からB校へ変更
style-1

こちらは、学校から学校へ転入する方法です。ご留学前に予め2つの学校へ申し込み、1カ月間はA校、残りの1カ月はB校に滞在するという風に決めておけば問題なく変更が可能です。

例2) A校の〇〇キャンパスからA校の〇〇キャンパスへ移動
style-2

こちらは、ひとつの学校のキャンパス間移動をする方法です。複数のキャンパスを有する語学学校は限られていますが、キャンパス間移動であれば、現地での急な変更も対応可能です。
(空室状況にもよります。)

〇 学校間移動のデメリット

blog300

2通りの変更方法があるとご紹介しましたが、例1の学校間移動では、ひとつデメリットがあります。それは、「入学金が2倍かかる」ということです。

キャンパス間移動とは異なり、学校間移動になりますので、入学金をA校、B校それぞれでお支払いいただく形になります。

その為、費用面で多少高額になるというデメリットが発生します。

一方、キャンパス間移動の場合、学校事態はA校のままで、キャンパスのみ変更という形になりますので、入学金を2度支払う必要はありません。

〇 学校移動したいならキャンパス間移動ができる学校へ

キャンパス間移動可能な語学学校一覧

1) SMEAG校
smeag-cla009

SMEAGクラシックキャンパス
学校タイプ : セミスパルタ
コース : IELTS試験対策,ESLコース

smeag-spa009

SMEAGスパルタキャンパス
学校タイプ : スパルタ
コース : ケンブリッジ検定対策,ESLコース

smeag-capi009

SMEAGキャピタルキャンパス
学校タイプ : セミスパルタ
コース : TOEIC・TOEFL試験対策,ESLコース

2) English Fella校
e-fella200009

English Fella 1stキャンパス
学校タイプ : セミスパルタ
コース : 各種試験対策,ESLコース

e-fella2nd-main

English Fella 2ndキャンパス
学校タイプ : スパルタ
コース : 各種試験対策,ESLコース

3) CIJ校
cijアカデミー スパルタセンター

CIJスパルタキャンパス
学校タイプ : スパルタ
コース : 各種試験対策,ESLコース

cij-classic009

CIJクラシックセンター
学校タイプ : ノーマル
コース : 各種試験対策,ESLコース

フィリピン土産はコレだ!!フィリピン土産Best5!!

2015-08-28

blog37

フィリピンのお土産と言えば、、、、。バナナ??

なかなかぱっと思い浮かぶものがありませんが、フィリピンにはお土産に持ってこいのものがたくさんあります。ということで、今回は、オススメのフィリピン土産をご紹介していきます。

No.1 定番お土産 “ドライフルーツ”

blog37-01

定番土産のひとつ”ドライフルーツ”!!お値段もお手軽でお土産には丁度いいですよ。なかでもオススメはドライマンゴーです。

もちろん、マンゴー以外にもパイナップルなどもあるので、食べ比べて選んでも良いかもしれませんね!

また、ドライフルーツはいろんなブランドのものがありますが、私のオススメは7Dのドライフルーツです。お値段は他のものと比べ少しお高いですが、味はピカイチです!

No.2 定番お土産 “バナナチップス”

blog37-02

ドライフルーツと同じく、定番土産のひとつといっても過言ではないでしょう!!それは「バナナチップス」です。

ドライフルーツと同じでバナナチップスも様々なブランドのものが店頭に並んでいます。さらに形が違うものもあるんです!そのなかでもオススメのブランドは、”Jovy’s Chips & Nuts”のバナナチップスです。

”Jovy’s Chips & Nuts”は、フィリピンでも有名な会社さんでバナナチップス以外にも様々な商品を販売しています。

No.3 定番お土産 “ココナッツオイル”

blog37-03

“ココナッツオイル”をご存知の方も多いかもしれませんね!!健康万能オイルとして人気を集めるココナッツオイルがフィリピンでは、お安く購入することができます。

フィリピンにはココナッツ庁というココナッツの品質を管理する政府機関があるんです。その為、ココナッツの品質も非常に良いとされています!

女性の方へのお土産として非常にオススメです。

今後も紹介していきます !!

上記の3つ以外にもたくさんのお土産がありますが、、、なかなか紹介しきれませんので、今後、少しづつ紹介していきたいと思います。

フィリピン留学で世界遺産を見に行こう!!~Part 1~

2015-08-08

blog31

“フィリピン留学しながら。世界遺産を見に行ってみませんか!?”

フィリピンの世界遺産と聞いて、思い浮かぶ場所と言えば!!!…..と言われてぱっと思い浮かぶものも少ないかと思いますが、フィリピンには、世界遺産に登録されている場所が、全部で9つもあるんです!

フィリピンと言えば「海」というイメージが大きいですが、今回は、9つの世界遺産の中から「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」をご紹介します!

棚田ってなに??

“棚田(たなだ)とは、傾斜地にある稲作地のこと。傾斜がきつく耕作単位が狭い状態において、水平に保たれた田が規則的に集積し、それらが一望の下にある場合は千枚田(せんまいだ)とも呼ばれる。英語では、 rice terraces と表現される。
また、棚田と同様に傾斜地を段状にした畑は、段々畑(だんだんばたけ)という。”
~wikipedia 参照~

日本でも見たことのある方は、少ないのではないでしょうか?

blog31-1

そんなフィリピンの棚田群は、標高1000メートルを超える山々に、山岳民族であるイフガオ族が約2000年前から作り上げてきたものです。その高さは1,500メートル以上あり、すべての棚田を平地に換算すると20,000kmを越えており、地球半周分の長さなると言われています!

コルディリェーラの棚田群の魅力

フィリピン・コルディリェーラの棚田群は、1995年にユネスコの世界遺産に登録され、「天国への階段」とも呼ばれ世界中の人々を魅了しています。中でも季節の変化とともに見せる様々な美しさは、魅力のひとつです。

blog-31-3

blog-31-4

blog-31-5

blog-31-6

blog-31-7

2000年以上もの間、美しい棚田を維持され続ける「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」。

コルディリェーラの棚田群はどこにあるの??

コルディリェーラの棚田群は、バギオの東北にあるバナウェにあります。バナウェまでは、バギオからは約6時間、マニラからは約10時間ほどバスなどで移動が必要になります。

フィリピン留学をしながら、世界遺産を見に行っても良いのではないでしょうか!

留学中に韓国語を覚える留学生が多い!?[韓国語!簡単に覚えられる8コの単語]

2015-08-07

blog32

「フィリピン留学=英語学習」ではありますが、フィリピン留学には様々な国から留学生がやってきます。中でも、お隣の国”韓国”の留学生は、毎年10万人以上が留学しています。

その為、留学生活の中で少なからず聞こえてくる”韓国語”。

英語を覚える為に留学をする訳ですが、同じ言語の一つとして韓国語に興味をお持ちになる方も多いようです。また、韓国人留学生が多いというのをご存知の方の中には、「英語+韓国語」の両方を覚えたいという留学生もいるんですよ。

異国の方が、片言でも日本語を話してくれると嬉しくなったりしませんか??

ということで、今回はフィリピン留学で韓国人留学生との仲良くなる為に、簡単な韓国語単語をご紹介!!

これだけ覚えればOK!8個の単語

No.1 「こんにちは」=「アンニョンハセヨ」

“アンニョンハセヨ”は、基本的な挨拶になります。知っている方も多いのではないでしょうか!日本では「おはよう」「こんにちわ」「こんばんわ」など時間によって、挨拶を使い分けますね。

しかし、韓国語ではこのような習慣はないので、時間に関係なく挨拶をするときは「アンニョンハセヨ」を使います!

No.2 「大丈夫!!」=「ケンチャナヨ」

こちらもご存知の方は多いかも!?「ケンチャナヨ」は、大丈夫です!という意味になります。日本語でもいろんな場面で使いますよね。用途も多い単語、簡単なので是非覚えてください。

No.3 「暑い」=「トプタ」

トプタは、気温や気候が『暑い』ときに使います。この表現は、常夏の国フィリピンでは、使いやすい単語です!「アァ〜暑いなぁ。。」なんて思うこともしばしば。。そんなときには、「トプタ」が使えます!

No.4 「どうしよう」=「オットケ」

困った時や驚いた時の「どうしよう!?」「どうして!?」を韓国語では「オットケ」をよく使います。

No.5 「行こう!」=「カジャ」

日本語でも、掛け声で「良し行こう!!」「出発進行!!」などを使いますよね!韓国語では、「カジャ!」と言います。これも使う場面は多いと思いますよ!

ちなみに「カチ カジャ!」で一緒に行こうという意味になりますよ。

No.6 「ホントに!?」=「チンチャ」

この表現は、良く耳にする単語のNo1かもしれません。「ホントに!?」「マジ!?」のような、表現を「チンチャ」と言います。この表現は、いろんな単語の頭に付けることができますよ。

例えば、前出のトプタ(暑い)にチンチャをつけて、「チンチャ トプタ」で”ホント暑い”といった表現になります。

No.7 「おいしい!」=「マシッタ」

友達と食事に行って、「この食事は美味しい!!」と思った時には、「マシッタ」を使いましょう!!これも良く使う表現なので是非、覚えておきましょう!!

No.8 「早く!」=「パリ」

「早く、早く!!」など、時間がない時などには、「パリ!」を使いましょう!

簡単な単語ですので、覚えやすいかと思います!

韓国語は、覚えやすい!!

「韓国語は覚えやすい!!」と聞いたことのある方も多いのではないでしょうか!?
こう言われる理由としては、日本語と同じ文法であるということが大きな理由になります。

「私は、学生です。」

「나는(ナヌン) 학생(ハクセン)입니다(イムニダ).」

※ハクセン(学生)

上記の通り、文法の並びが一緒なので、英語とは違い覚えやすいという特徴があります。

英語はもちろんですが、言語に興味を持つことは大変良いことだと思います。是非、韓国語にも興味をもってみてはいかがでしょうか!?

え!?この国でも英語が通じるの??~英語が通じるアジアの国~

2015-07-30

blog30
観光地として私たち日本人が知っている国は、そう多くはないかも知れませんが。。現在、アジアには48カ国もの国々があります。

「行きやすく、比較的安価で旅行ができる!!」ということもあり、近年アジアへの旅行者も増えてきています。アジアへ旅行に行ったことのある方も多いのではないでしょうか。
.

“では、旅行先の国で皆さんは、何語を話しますか??”

もちろん、日本語が通じれば一番良いですが、日本語が通じる国はほとんどないでしょう。(日本語が達者な現地人などもいるかもしれませんが。。。)

そんな時、母国語(日本語)以外で学んだ言語といえば、、、、、そう!”英語”!!
.

簡単文章でも、単語でも伝われば、旅行が一味違ったものになるのではないでしょうか!!
どーせアジア旅行に行くなら少しでも”英語”が通じる国へ!!ということで、今回は英語が通じるアジアの国をご紹介していきます!

英語 通じる度 ☆☆☆☆☆

・インド
・シンガポール
・フィリピン
・マレーシア
・パキスタン
・バングラデシュ
・ネパール

シンガポールやフィリピン、マレーシアなどは、皆さんもご存知だったかもしれませんね!!その他にもネパールやパキスタンなども英語が通じるんです。

※今回は観光や旅行に行きそうな国をピックアップしています。

英語 通じる度 ☆☆☆

基本的にホテルなどでは、英語が通じるかと思いますが、
比較的、英語が通じやすい国としては、

・タイ
・カンボジア
・インドネシア
・ベトナムなど、もありまあす!

だれでも通じるというわけではありませんが、観光地などでは十分に通じるかと思います。

英語 通じる度 番外編

近年、”グローバル化”という言葉を良く耳にしますよね!!

これは、日本だけではありません。お隣の国”韓国”や中国などでも”グローバル化”に注目を集めています。

その為、韓国や中国の若い人たちは、英語を話せる人が増加しています。

基本的には母国語ですが、一度英語を使って、反応をみても良いかもしれませんね!!

[留学準備]フィリピン留学に持っていくべき持ち物はコレだ!!

2015-06-25

blog14

留学の準備として、まず初めに思い浮かぶものが「持ち物」ではないでしょうか?留学に行く事が決まり、「これだけは持っていくべき物はありますか?」という質問を多く頂きます。

近年、大幅な経済成長により、日本で買えて、フィリピンで買えないものはほとんどありません!!しかし、中には買えないものもあります。

ということで、今回はフィリピン留学にこれだけは持っていくべき持ち物をご紹介します。

現地で手に入らない持ち物

blog14-01現地での購入ができないものとして、

1つ目は「和英、英和辞書」です。

英英辞書は現地でも購入できますが、日本語のものは購入できません。英語レベルに問わず、分からない単語が必ずあります。そんな時に辞書は必須ですよね!!

そして2つ目は「常備薬」です。

薬に関しては、現地でも購入可能です。。しかし、やっぱり日本のものが良いのではないでしょうか?

フィリピンの薬が悪いというわけではありませんが、自分に合った薬を日本からご持参頂くことをお勧めします。

あれば便利な持ち物

ノートパソコン wifi環境での使用が可能です。
キャッシュカード 現地で使用可能なVISA,MASTERカード(特に中長期の方)
日本語教材 学校教材は英語表記のものがほとんどです。
デジタルカメラ 留学の思い出を写真に収めておきましょう!
突然の雨(スコール)がありますので、傘があれば便利

今後も体験者の声を参考に持ち物リストを更新していきます!

[フィリピン留学]留学費用はどのくらいになるの!?

2015-06-22

blog13

「フィリピン留学は格安で留学ができる!!」これは、フィリピン留学に興味のある方は既にご存知かと思います。しかし、具体的に留学費用がどれくらいになるのか?学費(授業料・寮費・食費)以外にどんな費用が必要なのか?などなど、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ということで、今回は学費以外にどんな費用が必要になるのかご紹介していきます!

航空券費用、海外旅行保険費用

blog13-01まず初めは、ご留学をする上で必ずご取得いただく航空券・海外旅行保険の費用です。航空券に関しては、時期などにより大きく費用が異なります。一方、海外旅行保険は時期などに関係なく、ご留学の期間・保証内容で費用が異なります。

航空券 : 4~7万円
海外旅行保険 : 1ヶ月 約10,000円

(あくまでも費用目安となります。)

航空券に関しては、別ページにて詳細が記載されておりますので、そちらをご参考下さい。
航空券に関して

現地到着後に必要な費用

学費や航空券、海外旅行保険は、日本で日本円でのお支払いになりますが、これとは別に現地で支払う費用がいくつかあります。

ⅰ. 寮保証金
寮保証金は、滞在部屋での物損などがあった場合の保証金になります。もちろん、あくまでも保証金ですので、帰国時に問題が無ければ全額返金されます。各校で費用はことなりますが、2500ペソ~5000ペソになります。

ⅱ.SSP申請費用
SSPとは、「特別留学許可証」の事です。フィリピンで留学をされる方は期間を問わずSSPの申請が必要になります。費用は6000ペソ~6500ペソです。一度の申請で6ヶ月間有効になります。申請は学校スタッフが代行で行いますので、その際の手数料などが学校によって多少異なります。

ⅲ.光熱費
光熱費は、部屋人数、使用量などによって大きく異なりますが、500ペソ~2000ペソ必要になります。物価の安いフィリピンですが、光熱費だけは高くなっており、使用量が多いとかなり高額になる場合もあります。

ⅳ.教材費
教材費は、1冊250~500ペソで購入可能です。学校でレベルチェックを受けた後に自身のレベルにあったテキストブックを購入します。

ⅴ.ACR-Iカード
ACR I-Cardは、観光を目的としてフィリピンに長期滞在する方、短期間でも留学や就業する外国人に対して取得が義務付けられている外国人登録証(Alien Certificate of Registration Identity Card, ACRI-card)です。留学の場合は、60日以上滞在する場合に必要になります。取得費用は3000ペソです。

ⅵ.ビザ延長費用
下記の費用が必要になります。
4週間以内の滞在→0ペソ
4-8weeks→3,330ペソ
9-12weeks→7,930ペソ
13-16weeks→10,560ペソ
17-20weeks→13,190ペソ
21-24weeks→15,820ペソ

結果、現地費用はいくらなの??

現地の費用の総額は、おおよそ下記の通りです。
4週間-約25,000円
12週間-約35,000円
24週間-約50,000円

学校によっても、費用が異なりますので、詳細を知りたい方は、ぜひお見積り請求をして下さい。


info-operateimg001

[フィリピン留学]360°パノラマビューで学内チェック!

2015-06-16

blog011

バーチャルサイトでは、学内の様子を細く確認することが可能になっています。

「部屋は綺麗だろうか?」
「マンツーマンの教室ってどんなの?」
「施設は何があるんだろう?」etc

パンフレットや説明では伝わりづらいこともバーチャルサイトを見ることで解明するかもしれません。自分の気になる語学学校の内部をチャックしましょう!!
※残念ながら全語学学校のバーチャルサイトが用意されているわけではありません。

学校バーチャルサイト一覧

CIJアカデミー:

http://www.cijacademy.com/3D/index.html

English Fella:

http://www.englishfella.com/cyber_tour/

UV ESL:

http://www.mtmcebu.com/uv/UV3D/index.html

CG ESL:

http://www.cebucg.com/CG_up/index.html

SMEAG:

http://www.smenglish.com/panorama/sparta/school.html

CIA:

http://www.cebucia.com/3d/uv/school.html

GS語学院/CLARK:

http://gsnels.com/index_jpn.html

NEO/ILILO:

http://www.ubestar.com/phl/iloilo/neo/

学内の様子だけではない!!

上記のバーチャルサイトを確認すればわかりますが、学校外観・内観の様子はもちろん、周辺施設やリゾートエリアの様子も見ることができます。

cij-ppopo

留学前にチェックしておいて、実際に現地についてから、「ここバーチャルサイトで見たなぁ。。」というのもおもしろいかもしれませんね!ぜひ、参考にしてください!


リスニング力向上にオススメ無料学習サイト3選!!

2015-06-12

blog06

英語学習をする上で重要なのは、「リスニング・スピーキング」だと思います!

しかし、スピーキング力に関しては、日々の生活で英語を話す機会がなかなかできず、向上するのは至難の技です。。(オンライン英会話などをしていれば別ですが。。。)

なので、まずは手軽にリスニング力の強化ができる無料の学習サイトをご紹介しましょう!

※「聞くことができる=話すこともできる」と考えています、、逆パターンもありますが。。

No.1 TED ~Technology Entertainment Design~

blog06-1
TED→https://www.ted.com/talks?language=ja

TEDは、もうご存知の方も多いと思いますが、様々な分野の第一線で活躍する人物を講師として招き、定期的にカンファレンスを開催しています。そのカンファレンスの模様を、インターネットを通じて全世界に無料で公開されています。英語・日本語字幕も対応しているので、学習サイトとしてはオススメです。

自分の好きな分野のカンファレンスを選択すれば、楽しく英語を学べるのではないでしょうか!!
ちなみに↓は、最近Bruno Marsとコラボされていた方ですよ!

No.2 VOA ~Voice of America~

blog06-2

VOAは、最新のニュースを題材に英語学習者向けゆっくり且つ丁寧に発音してくれます。世界中のニュースを聞くことができるので、自分の興味のある分野のニュースを聞きながらリスニング強化につなげられます。

No.3 英語リスニング無料学習館

blog06-3

英語リスニング無料学習館は、名前の通り英語リスニング学習問題を無料で提供しています。なんと言ってもサイトが日本語なのでわかりやすい。。TOEICやシチュエーション別のリスニングなど、様々な場面の英語を覚えて、リスニング力も強化できる一石二鳥ですね!

文法はこちらの記事をご参考下さい!
【中学英語を取り戻せ!】英語の基礎をわかり易く教えてくれるサイト

【中学英語を取り戻せ!】英語の基礎をわかり易く教えてくれるサイト

2015-06-02

blog04

どんな勉強でも基礎を構築して、勉強する、しないでは大きな差がでます。これは言語を学ぶ上でも同じ事です。ということで、これから英語を勉強する方、少し基本を忘れたなぁ。と思う方にオススメの英語学習サイトをご紹介していきたいと思います。

No.1 [英文法]の勉強~ちょいデブ親父の英文法~

ちょいでぶ親父の英文法

英語の基礎から応用まで幅広く丁寧に説明されています。サイトの作りはシンプルですが、「Simple is the best」という言葉があるようにシンプル且つ分かりやすく、教えてくれます。

サイトをチェック→ちょいデブ親父の英文法

No.2 [英文法の問題集]でチェック~Xenom’s English Database~

blog04-2

英文法の問題はもちろん、解説も詳細に記載されているので大変オススメです。レベルも初球から上級まで用意されているので大学受験を控える方も是非使ってみてください。

サイトをチェック→Xenom’s English Database

基本からやり直すのは、なかなか根気のいることですが、少しづつ思い出してみてはいかがでしょうか。


Please SHARE

« Older Entries

フィリピン留学・セブ島留学の魅力って!?

魅力1.格安費用で留学が可能!

主要留学都市であるアメリカ、イギリス、オーストラリアなどに比べ、格安の費用で留学ができるということがフィリピン・セブ島留学の魅力のひとつです。1ヵ月の留学費用は、約15万円と格安の料金になります。さらに費用には、授業料、寮費、食費など、他都市では、別途必要になる費用がすべて含まれています。では、なぜここまで費用を抑えることができるのか?それは、フィリピンの物価に訳があります。フィリピンの物価は、日本の約半分、物によってはさらに低くなります。その物価のおかげで寮費、食費を抑えることを可能にしています。

魅力2.フィリピン人の英語力の高さ

フィリピン人の英語力が高い?そもそも英語を話すことができるの?こんな疑問をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、世界的に見てもフィリピン人の英語力は非常に高い評価を得ています。これは実際に非ネイティブスピーカー(英語を母国語としない人)を対象に行われたビジネス英語テストでも証明されています。なんと、そのテストを受けた国の中でフィリピン人の英語力が最も高い評価を受けています。では、なぜ、フィリピン人は優れた英語力をもっているのか?それは、フィリピンはもともとアメリカの植民地であったことが大きな要因のひとつと言われています。アメリカの影響を多く受けたフィリピンでは、英語に対する意識を他国より早く持った国のひとつと言えます。そういったこともあり、フィリピンでは、小学校から大学まで国語を除く、すべての授業が英語で行われております。さらに生活環境でも、看板や標識などは英語表記、映画は字幕なしの英語で観るなど、常に英語の環境に囲まれています。その為、第二言語でありながら優れた英語力を持つことができています。フィリピン人の英語には訛りがあると心配される方もいますが、語学学校で働く講師陣はよりネイティブの発音に近づけるよう日々訓練をしています。また、実際にご留学をされた留学生の間では、訛りはあるが、さほど気にならなかった。二か国留学でオーストラリアへ留学したが、フィリピンで学んだ英語は十分に通用したというお話をしています。アメリカ英語、イギリス英語があるように、どの国でも訛りは必ずあります。しかし、訛りがあっても英語を話す者同士は、お互いに理解し、コミュニケーションを取ることができます。まずは、フィリピン・セブ島で訛りなどを気にせず、英語力の基礎を築くことを意識しましょう!

魅力3.豊富な授業量、そして授業のメインがマンツーマン授業

アメリカ、イギリス、オーストラリアなどでは、基本的に10~20名程のグループで授業が午前中からお昼過ぎまで行われます。グループ授業ということもあり、英語力に自身のない学生さんはなかなか英語を話すことに積極的になれず、結局英語力の向上が少しづつになってしまいます。一方、フィリピン・セブ島留学では、マンツーマン授業が中心のカリキュラムで構成、また授業時間は7~13時間と非常に豊富です。マンツーマン授業を実施する最大のメリットは、講師とマンツーマンになることで、講師の話す対象が自分だけになり、嫌でも英語でコミュニケーションを取らざる得なくなることです。話せなくても英語を使う、分からないことを調べながらでも伝えようとするというところから始められるというのが英語初級者の方にとって非常にメリットになります。グループ授業が良くないわけではなく、ひとりひとりに合ったペースで授業を進行でき、分からないことは進行を止めてでも聞くことができるマンツーマン授業スタイルは英語力の向上に大きな貢献をしてくれます。同様にフィリピン・セブ島留学に行くメリットは、豊富な授業時間も上げられます。長ければ良いというわけではありませんが、英語に触れる機会をより多く持つことは、決して悪いことではありません。フィリピン・セブ島留学をした学生さんにお話しを聞くと多く方は4~8週間でなんとなくコミュニケーションが取れるようになったと言っています。英語でコミュニケーションを取る上で話すことよりもまずできなければならないことがあります。それは、相手の言っていることを理解するということです。所謂、リスニング力になります。では、どのようにリスニング力を向上させるのか?それは、英語を常に聞く環境に身を挺することです。当たり前のことですが、授業時間はもちろん英語を常に聞くことになりますが、授業時間外はいかがでしょうか?やはり同じ国同士の学生が集まり、英語ではなく、母国語を話してしまうケースを良く見かけます。意識的に他国の学生さんと交流をする方もいますが、やはり日本語で話せるというところに甘えてしまう方もいます。しかし、授業時間を多く持つフィリピン・セブ島の語学学校では、授業時間だけで1日の約1/2~1/3を英語に触れる時間を作ることができます。ご留学前に授業時間が長いと思ってる方も多いですが、実際にご留学をすると自分の英語力の向上を身に染みて感じることができる、同じ留学生が頑張っているんだから自分も!という風に苦にならず頑張っています。
About PHILIPPINES
フィリピン基本情報
フィリピンの魅力
セブ島基本情報
クラーク基本情報
ダバオ基本情報
イロイロ基本情報
About SCHOOL
学校一覧
セブ島語学学校
クラーク語学学校
ダバオ語学学校
イロイロ語学学校
目的別学校検索
CONTACT
留学Q&A
お問い合わせ
ONLINEお申し込み
説明会
LINE相談
About US
会社概要
スタッフブログ
Facebook
Twitter

Start Studyと繋がろう!!

~学校情報・現地最新情報・随時更新中!!~

Copyright© 2013 START STUDY All Rights Reserved.